おじさんは怒った!おばさんも、お兄さんも、お姉さんも。神戸市市会改革のための政治集団です。

政策

1.子供の貧困率ゼロ、日本一子育てしやすい町神戸の創造。

国連の推計では日本はオリンピック以降毎年50万人近くの人口が減っていきます。人口が減れば当然国力が弱まります。H28年の人口統計では日本の10大都市の中で唯一神戸市が人口を減らしています。

また厚生労働省の国民生活基礎調査によると、2012年時点で、全国の平均所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合は、過去最悪の16.3%(前回比0.6ポイント増)。貧困に直面する子供は300万人以上で、6人に1人いるとのことです。

伝統、文化、観光では京都に負ける、商業活動では大阪に負ける、何が魅力で神戸に人を集めるか。割り切って、日本一子供の育てやすい街神戸になればいいのでは。←神戸の人達のプライドを傷つけ、アホ、馬鹿、間抜け、恥を知れ、死ね!と罵詈雑言なげつけられると思います。でも限られたお金を「元気な子供達がたくさんいる町つくり」に使うことを最優先します。

親と地域と神戸市が日本一子供を大切に育てる街つくりを目指します。

 

2.議会改革

議会を土日・夜間開催に

地方議会は多くの国で土日や夜間などに開催されており、ふつうの市民が議員となり参加することは当たり前です。また議会を傍聴したりネット中継を見るにしても土日や夜間開催の方が参加しやすいはずです。

 

「兼業議員」を当たり前に

ふつうに働いている人や子育て中の人が参加できる議会をつくります。ふつうに働いている人がそのまま仕事を辞めずに立候補できるよう、社会に働きかけ、企業の環境整備をうながします。

 

第一段階として報酬を半減

職業としての議員さん 給与月額47.5万円 政務活動費実費上限年間120万円。

70歳以上の議員さんはお世話になった神戸のために日当2万円。

 

 

おじさんは怒った!そんな議員さんの行動を教えて下さい。候補者&ボランティア&カンパ募集中です! TEL 078-857-1765

PAGETOP
Copyright © 議会改革神戸東灘 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.